赤帽 料金

主婦画像

赤帽だけじゃない!

引越し料金を安く済ませるなら
引越し業者の一括見積りサービス」は必須です!

申込み時期によっては、
通常料金の半額以下で引越し可能です。

引越しを安く賢く済ませたいなら、
必ず一括見積りサービスから引越し業者を探しましょう。

赤帽の料金はやっぱり激安だった!

 

赤帽の料金ってホントのところ安いの?

大学卒業時の、福岡ー長崎間の引越しでした。

 

色んな所に見積もりを出したのですが、一番高いところで料金12万円弱。

 

平均料金では8万円くらいでした。

 

正直、こんなにかかるの?!という感じでした。

 

困りに困って、結局お願いしたのは、赤帽の引越し屋さんです。

 

私の通っていた大学では、そこを利用している方がとても多く、評判もよかったのでそこにお願いしました。

 

料金はなんと2万円!

 

引越し前に、無料で大量のダンボールとガムテープを持ってきて下さり、とても助かりました。

 

当日は、ワゴン車1台とトラック1台できて、自分で梱包しておいた荷物を、素早くつんで下さりました。

 

赤帽の作業員はおじさん3人でしたが、とても気さくで、自分も手伝いながらの引越しでした。

 

引越し先まで、3時間弱かかるのに、私も一緒に乗せて言ってくださり、やっぱり赤帽さんはいいなあと思いました。

 

荷物の梱包をするときはだらだら準備しがちなので、『何時間以内にここだけは梱包終わりにする!』とちょっとハードな時間設定をして急いで梱包するようにしています。

 

大事な家具を運んでもらう場合は、引っ越し業者が来る前に赤い付箋などに大事な家具ですので…とさらに『一言メッセージ』を書いて貼っておけば、引っ越し業者さんと会話なしでも大切に運んでくれたり、梱包を丁寧・厳重にしてくださったりしますの、おススメです。

 

また、箱に番号を書いておいて、新しい家の部屋にも同じ番号を貼っておき、『2番の箱は2番の部屋、3番の箱は3番の部屋へ』と業者さんへお話ししておけば運んでくれますし、このように番号で割り振っておけば、荷物を箱から出すときもスムースに出せて片づけも楽になります。

 

赤帽+大手業者の引越し口コミ

 

一人身の時は赤帽さんによくお世話になっていました。

 

作業員の方達は年配の方が多いですが、力がしっかりあり、良い意味で話しかけてくれたりして満足のいく引越しが出来ました。

 

料金もかなり安い方だと思います。

 

2年前、我が家は台風の日の引越しでしたが、いやな顔ひとつせず、かつテキパキと仕事をこなしてくれました。

 

布でくるんでくれたりして家電製品や家具が雨に濡れたりせず、本当に丁寧に作業をしてくれたんだと感じました。

 

アパート、新居ともに傷もなく良かったです。

 

ひとつだけ気になったことがあるとすれば、雨の日だったので、作業員さんたちの靴下がびしょびしょになっており、その靴下のまま、新居に上がられ足跡がついたことが残念だったかなと思いました。

 

外での作業時と中での作業時の靴下を変える、もしくはスリッパを持参してくれれば100点満点でした。

 

愛想もよく、特にトラブルもなく無事引越しを終えることができ良かったです。

 

次引っ越すときもサカイさんでお願いしたいですね。

 

 

 

1電化製品なども外箱はとっておくと引越しのときにそのままいれれば良いので楽です。

 

2大きいサイズのダンボールより小さいサイズのダンボールに工夫してつめていくと、スタッフが作業しやすいらしいので実践しています。

 

3ダンボールとガムテープは出来るだけたくさんもらえるように交渉。

 

4育児で大変なときは、ラクラクパックを躊躇せず頼むとかなり楽です。

 

ラクラクパックの料金も1万円Upくらいなので、値引きを頑張れば予算的にはそんなに高くないはずです!

 

 

 

単身引越しをお考えの方は一度赤帽を使ってみるのが良いと思います。

 

最初に書きましたが料金が安いのに加え、作業員さんと良い意味で近い感じで引越しが出来るので「こんなの効いてない!」が少ない業者ですよ。

 

赤帽 引越しで検索すると公式ページや口コミが出てくるのでお試しあれ。

 

赤帽で複数回引越して感じたこと

 

私は今までに赤帽で2回引越しをしてきてるのですが、ダンボールに詰める時はなるべく多く詰めれるように、向きを変えたり小物系を入れたダンボールなどは、ダンボールの中でがたがた動かないように緩衝材を入れています。

 

重い本などは、丈夫で小さいダンボールに、軽いものは大きなダンボールに入れています。

 

ダンボール以外のものを固定したいときは、「弱粘テープ」を使ったり、ダンボールには「割れ物注意」や「下積厳禁」などの表示をわかりやすい位置にかいたり、新居ですぐに使うもの、例えば洗面類、衣類、食器などは専用のダンボールにまとめていれると便利です。

 

割れ物はめんどくさいとは思いますがすべて1つずつ新聞紙に包んでダンボールに入れたり、グラスは足が割れやすいので、グラスの飲みくちと同じくらいの太さになるように緩衝材でぐるぐる巻きにすれば壊れないと思います!

 

次の引越し時には、東京都渋谷区や大阪府釜ヶ崎などの都会の中心部は避けたいですね。

 

都会で起きた悪いニュースを日々テレビで目撃するので都会すぎる場所には住みたいとは思いません。

 

都会には遊びに行く程度でいいと思います。

 

大阪府の釜ヶ崎はテレビで何度か拝見しますがホームレスが多いので道端で人が転んでたりすると聞いて家庭を持つ私としてはとても怖いですし住みたいとは思わないです。

 

住むときに1番重視するのがやっぱり治安の問題なので治安が良くて買い物に不便しない程度がいいなと思いました。

 

最後になりますが、赤帽で引越しを頼むときは以下のサイトを参考にしています。

 

赤帽が気になる方は是非、ご参考に…。

 

赤帽を安くする時に参考にしたサイト

 


赤帽で引越しをするのは、ちょっと待った!