赤帽 引越し準備

【インタビュー】引越し業者・準備について

 

引越しをする時に気をつけた方が良いことを教えて下さい

 

引越しは過去数回していました。

 

クオリティや荷物量を考えるなら、クロネコヤマト。

 

単身&安さ&安定を求めるなら赤帽をお勧めします。

 

引越しのコツはまず早めに見積もり依頼をする。

 

1ヶ月半ぐらい前だと良い。

 

早め早めだと引越し業者さんはなんとしてもスケジュールを埋めなければいけないから契約をしたがるので安くなると思います。

 

何件か同じ日に見積もりをすることをおすすめします。

 

ダンボールがきたら早め早めにダンボールにいれいらないものは捨てる。

 

使用しないものは奥のほうにダンボールにいれる。

 

そして少しずつ梱包する。

 

前もって余裕をもってやる。

 

断しゃりをすすめます。

 

引越しは余裕をもってやることで経済的にも安くすむし業者は選べるのでおすすめです。

 

お部屋も少しずつ掃除をしてきれいにすることで敷金が返っってくるので気合いで掃除することをおすすめいたします。

 

 

 

全国転勤のある会社に勤務しているので、引っ越しは数年に一度の割合で経験しています。

 

そのため、常に引っ越しのことを意識しながら生活しています。

 

コツとしては、まず余計な荷物を増やさないこと。

 

子どもが生まれて家族が増える場合などはしょうがないですが、それでも余計な荷物が増えてしまうと、引っ越しの際に大きなトラックを手配せねばならず余計に料金がかかってしまいます。

 

また、トラックに乗り切れない荷物は、処分しなければなりません。

 

特に大きな家財道具の場合、粗大ごみとして処分するには有料となってしまいます。

 

借家住まいの際は、レンタルできるものはレンタル用品で済ますようにしています。

 

そうすると引っ越し時の荷物も少なくなり、作業や家計への負担を軽減することができます。

 

 

 

 

【インタビュー】引越し業者・準備について

一日でも早く細かい物は片付けをかねて整理した方がいいです。

 

荷物を一つでも減らせるように、私は要らないものをオークションに出品したりして処分しました。

 

あと、買い足すのは引っ越ししてからの方が荷物が増えなくていいです。

 

ごみが大量に出るのでごみ袋も多目に用意しておくと安心です。

 

引っ越しの日は何かとバタバタして、どこに何を置いたか分からなくなるので、ウエストポーチ等に貴重品は入れ、契約書など業者に渡さなくてはならないものも一緒に持っておいた方がいいです。

 

お昼ご飯なども、簡単にいつでも食べれる菓子パン等を買っておきました。

 

引っ越しが終わってからも掃除をしなくてはいけないので、雑巾、スポンジなどを用意しておき、普段から少しずつ掃除をしておくと後が楽です。

 

 

ここには住まない方が良い地域ってありますか?

 

昔からの住宅街は、落ち着いた環境…と言われながらも古くからの住まいがそのままずっと維持されているがためにそれぞれの道幅が狭いなど、車での生活がしづらいです。

 

気になるお店があっても、やはり路地沿いにあるなど、徒歩での暮らしがメインになっているにも関わらず、バスやトラックがその細い道をすり抜けていくので、決して安全ではありません。

 

【インタビュー】引越し業者・準備について

また、駅の周辺は便利でも、少し離れるとさびれた雰囲気に。

 

商業施設が多い街も、便利そうでも暮らには向かないことがあります。

 

戸建ての家はそれぞれが密集していたり、古い建築のままであったりして、今後起こると言われる災害や防災の面での対策が行き届いておらず、また、新しく建設されたマンションなども、やはり駐車場不足であったり、日照が悪いままのことも多い。

 

そして繁華街の名残として、空き店舗や風俗店舗などの進出も見られ、治安面でも良いとはいえません。

 

再開発をすべき時に、しっかりと町としての機能を建て直し、電車の駅やバス道の拡張などの公共交通への配慮・対策を自治体が主導し、住民も協力する街が望ましいです。

 

ただ地価が高ければ良い、ということではありません。

 

関連ページ

引越し体験談(赤帽など)
赤帽で引越しをした方に、赤帽の使い心地と引越しの際に気にとめて置いた方が良い情報をお聞きしました。これから引越しをする方必見です。